一人暮らし住宅はちゃぶ台などを利用して広く使うことが大切

省スペースを考慮する

室内

お子さまが数人居るご家庭では、子ども部屋の省スペース化が重要な課題になります。二段ベッドや三段ベッドは、安く購入できるだけではなく、長期的に使用できるメリットがあります。

Read More

1ルームの住宅

和室

一人暮らしの方の多くは1ルームや1Kのアパート・マンションに住んでいます。賃料が安いため、家計の圧迫を防ぐ効果として最適ですが、収納スペースのない1ルーム・1Kは家具の配置が難しいというデメリットがあるのです。狭い部屋を広く使うためには、机やベッドといった幅をとる家具に工夫をこらすことが大切です。特にベッドは設置スペースを必要としてしまうため、最近では敷布団を使用する人が増えてきました。折りたたむことで収納ができる敷布団は、1畳分のスペースが確保できます。6畳ほどのスペースであることが多い、1ルーム・1K住宅にとって、1畳分のスペースの確保は大きい効果です。また、机の選択にも工夫をこらす必要があります。大型の机は機能性や収納性こそはありますが、設置に90センチ以上の幅をとってしまいます。折りたたみ式のちゃぶ台は、必要なときだけ設置できるので限られたスペースでは効果的です。一見、古臭いイメージがあるちゃぶ台ですが、近年ではスマートなデザインのちゃぶ台も増えてきました。また、安く購入できるのでちゃぶ台の人気は高まっています。フローリング住宅であることが多い1ルーム・1K住宅は、木目調の家具で揃えると部屋に統一感がでます。美観性も高まるため、インテリアとしての効果も高いのです。パテーションを効果的に使って、メリハリのある部屋にすることもできます。1ルームは部屋に仕切りがないため、収納などが乱雑になりがちです。しかし、パテーションやカーテンなどで、収納スペースを隠すことで見栄えの良い部屋になります。

家具で有名な府中市

家具

数多くの木材加工会社がある府中市は、家具の製造・販売が盛んなことで有名です。府中市の家具に興味がある人は、府中家具のショッピングサイトを利用すると良いでしょう。

Read More

快適な学習環境を与える

女子

子どもに快適な学習環境を与えるには、学習机を適切に選ぶ必要があります。住宅の広さや、子どもの成長に配慮した学習机を選びましょう。集中できる学習環境は子どもの成長を促します。

Read More